« 2013年5月 | トップページ | 2014年4月 »

2013/09/27

支持者の獲得

ヴァージン記事に同感したので書きます。
営業は日々利益の獲得に追われます。
しかし私達はこれまで“ファン作り"に徹してきました。押し売りしない事で目先の利益は落ち込んだけれど、今回の新型iPhone販売では多くのファンを裏付けるだけの素晴らしい実績を各店あげている。遅れたけれども結果的に、利益も大きく増加出来た。

難しい事だけれど今後も貫いていきます。

「創業はまず熱心な支持者の獲得から」
〜リチャード・ブランソン〜
ヴァージンアメリカは、創業6周年をむかえたばかりです。我々はこれまで、フライトを快適なものにしようと大いに知恵を絞り、努力を重ねてきました。しかし他社の大多数は、黒字にすることに重点をおいていました。その結果、競争激烈なこの市場でヴァージンのほうが、熱心なファンを獲得したのです。(航空会社11社のトップにランキング、顧客満足度でもここ数年最高位)

「ヴァージンが投資家に利益を回し始めるのはいつか?」という質問は「利益を上げるために、場合によってはよい顧客サービスをやめなければならないのか?」ということを問うていますが、私は言い返します「いい顧客サービスはやめません」と。

1380244303219.jpg

|

2013/09/20

新型iPhone発売

本日のiPhoneセレモニー後の囲み取材で、
宮内副社長が語ったインタビュー内容書き起こし。

______________
色々並んでいる人に調査した結果が出ていますけど、一応今現時点、ソフトバンクが圧倒的に勝っています。先ほど言いましたけど、iPhoneのことを5年間やってきました。iPhone4Sから5まで、どういうトラフィックの動き方をするかも知っています。
今度の5Sと5Cも相当なトラフィックのボリュームが上がるだろうということも分かっています。

現在のLTEのネットワークは我々はNo.1だという評価結果が出てきております。でも、各社とも、auさんも800MHzでこれだけ来たとおっしゃっていますけど、勢いはいいんですけど、実際にはネットワークというのは単に周波数帯がいっぱいあるだけでじゃなくて、これからの世界は小セル化を図らんといかんですね。

ですから私共は2.1GHz帯のダブルCDMA、それからLTEの1.7GHz、そして800MHzのプラチナのそういったLTE化、トリプルLTE化、そういったことを進めながら、なおかつ基地局の中に収容される人数があまり膨大にならない、それをやっていくとスムーズにパケ詰まりの起こらないネットワークができることが分かっています。

ネットワークの話をしますとプラチナバンド対応のスマートフォンで、このデータ(満足度)を毎日出していますが、毎日差が開いていくような気がします。ほとんどのところで勝っているというのが実態であります。

実はauさんのおっしゃっているLTE対応、800MHzですねAndroidではいっぱいあるわけですね。すべてのデータの平均値を出すとそんなに高くないですね、接続率。今回iPhoneが800対応ということで、それが大きなセールストークだとおっしゃっていますけど、それは田舎の奥のほうとか建物の奥の方とか繋がりやすいと思いますよ。でも、それは我々はそれほど脅威だとは思っていない。ただ、LTE表示が出るということでは、若干脅威かと。

あと、5年間やってきましたので、販売現場iPhoneマスターが2万人くらいいます。iPhoneマスターは資格制度ですけど、これはアップルさんに先駆けて僕らがやってきました。この人達に全員iPhoneの新しいバージョンを配ります。店員の方が毎日自分の生活で使わないと、お客さんにアドバイスができない。iPhoneは非常に使いやすくて簡単だと言われても、やっぱりうまく使えないという声を時たま聞きます。それは自分で一生懸命考えてもなかなかわからないけど、お店の人に提案されればすっと分かるものなんですね。単にネットワークのインフラだけではなくて、販売の情報のインフラ、こういったものを5年間培ってきましたので、我々としては厳しい環境にはなるでしょうけど、勝ち続けていきたいという風に思っています。

【質問タイム】
Q.今回6回目ということなのですが、孫さんが参加されないのはなぜですか。

スプリントの会議が月に1回やっているんです。今回は特にカンザス・シティでやっていて。
今日僕は代行で出ている。iPadの時も出張が重なって、僕がやったことがあるんですけど。
アップルに関心が薄くなっているということでは全然ない。私どもの売っている数が非常に大きなボリュームですし、Androidも扱っていますけど
やはり今のメイン機種はiPhone、iPadなので。


Q.docomoでiPhoneが出たことで、今の気持ちは。

そりゃあ出ない方がいいですけども。出てくることが決まった以上、
我々としての優位性をより専念してですね、どんどんマーケティングならびにプロモーションをやっていきたいです。僕らは3年間独占を得たのですね、その後、auさんへも。そして今、docomoさんも。競争があればあるほど、マーケティングとか、そういった知恵が生まれるんですね。
厳しい環境にはなるけど、それを勝ち抜く力、クイックな活動、これをやっていけば十分続けていけると感じています。

Q.docomoはおかえりなさいキャンペーンをやられていますが、それの対抗策は。

かいかえ割です。1年間に2410円、LTEのネットワークは基本的には5460円ですから、そこから1000円もどんど下がるわけで。あとは先ほどの並んでいただいたお客様が言っていたように、我々のサービスを強化していきたい。


Q.当面ダブルLTEで対抗されていくとは思いますが、イー・モバイルの1.7GHzのところで、ダブルLTEの範囲はどれくらいになるのでしょうか。

基地局数で行くと、3万局くらいまで行っていますね。都市部といったのは東京の首都圏の都市部という意味ではなくて、九州とかの都市部という意味です。そこがほぼダブルLTE化されています。
ただ皆さんもご存知のように山手線のあたりとか、ダブルで2波飛ばすというパターンです。
パケ詰まりの調査も出ていますがほとんどないはずです。このへんはいち早く手を打っています。
現実にLTEのネットワークがどんどん広がっていく中で、今度はダブルCDMAでも10Mbps位出るところがいっぱいありますね、遅くても体感スピードはパケ詰まりを起こさないということが大事だと思うんです。その次の4月以降のトリプルLTEにする時はもっと田舎のスキー場でもLTEがばんばん飛ぶという世界になる。むしろ都市部のあるいは、奥まった地下とかではプラチナのLTEが飛ぶ。現在見ている限りではダブルLTEで非常に良い効率を上げている。さっきのグラフの通り各社どんどん差が開いていっているのが実情です。

Q.春からのプラチナのLTE化なんですけど、どれくらいのスピードで進んでいますか?

4月1日からオンエアできるんですね、制度上。その段階で都市部のところは網羅している。
工事はタワーの上にどんどん着けて、4月から吹いていく。順次拡大していく。そういう意味では4月から始まって全国へという絵だと思います。

Q.在庫の状況を教えてください

在庫、結構厳しいですね。毎年のことですけど、これ多分もう相当、予約でお待ちいただくことになると思います。5Cの方は比較的潤沢にあるんですけど、5Sはちょっと時間がかかる。

Q.買えないお客さんが出てくるということですか。

今回、5Sで3色ありますよね。3色でなおかつ3機種、9通りあるわけです。ものによっては今日買えないものも出てくると思います。

|

2013/09/11

新型iPhone発売決定。

iPhoneはソフトバンクが日本初で発売、
その後スマホブームを生みました。
あれから5年以上が経過。

そして、いよいよ3キャリアで発売。
これからの各社発表ドキドキですね♪

↓イベント全容はこちら
“速報:アップル 新 iPhone イベント。
iPhone 5s, iPhone 5c 発表 ”
クリック!


↓比較ならこちら
“iPhone 5sとiPhone 5c、旧5、4Sの
スペック比較表 ”
クリック

端末スペックも凄いし、カラバリも出た。個人的には指紋認証は素晴らしく買い物が楽しくなりそう(汗)何より1番肝心のOS自体も一新されてかなり進化してそうで楽しみですね。ショップとしては在庫が心配w

1378848710421.jpg

1378848735009.jpg

1378848738760.jpg

1378848742408.jpg

1378848745852.jpg

1378848748373.jpg

|

2013/09/08

オリンピックで、50歳。

久々の投稿です^_^;
(TwitterやFacebookは常にUPしてます)

2020年7月24日、私はちょうど50歳。
その時、オリンピックをどんな気持ちで
見ているだろう?
締切が明確になった気がした。
布袋さんのように人生の一区切りを語れる
よう、後7年追い込む。
『夢と共に、50歳。 』- 布袋寅泰 公式ブログ

ブログ(クリック)

|

« 2013年5月 | トップページ | 2014年4月 »